じんわり泣けた

【この動画泣ける!】ホームレス犬|こんな悲しい顔をする犬は見たことない

プロローグ


ルーマニアの動物救助組織のメンバーが駅の近くでホームレスの犬を見つけました。

その犬は足を引きずり目にケガをしていました。

救助メンバーは危険な線路内にいる犬を保護することにしました。

しかしその犬は人におびえてなかなか捕まえることができません。

最終的にはエサを使って保護することに成功し病院で治療しました。

さらに調べると救助した犬にはマイクロチップが埋め込まれていました。

予防接種や去勢手術を受けた「ボビ」という名前の9歳のオス犬だということが判明します。

ホームレスだと思っていた犬はきちんと登録された飼い犬だったのです。

 

Rescue of a Scared Homeless Dog with a Broken Heart

 

【この動画泣ける!】をふり返ってみた

 

 

ぱち
飼い主はボビを迎えにこなかったんですね!

 

じん
飼い主は無責任にも引き取りを拒否したんだ。

ボビは自宅から16kmはなれた駅まで放浪の旅をしてきた。

その途中で足と左目にケガを負い、左目は完全に失明してしまった。

 

ぱち
ひどすぎる!

飼い主にボビが保護されたときの顔を見せてやりたい!

 

じん
ボビは心にも傷を負ったよね、、、

大人しくてやさしい感じの犬だからよけいに哀れだよ。

 

じん
ボビを保護したのはハウル・オブ・ア・ドッグという非営利団体だよ。

Youtubeで動物の救出動画をアップしながら動物のための募金をお願いしている。

 

ぱち
チャンネル登録者が100万人ってことはみんな関心があるんですね。

ペットを捨てようとしている人にもぜひ見てほしい。

 

じん
ハウルは路上で見つけたホームレス犬やネコを保護している。

ケガをしていれば治療して元気になったら里親を見つけてあげる。

 

じん
ホームレスとして捕まりシェルターに入れられると安楽死が待っている。

残酷だけどこれは日本でも同じこと。

 

ぱち
・・・・

 

じん
でも、かわいそうな犬やネコたち全部を助けることはできない。

ハウルはボビのように年老いていたり、赤ちゃんやケガをしている子を優先して保護しているんだ。

 

じん
赤ちゃんならまだしも、高齢やハンデのある子は拾われる可能性が低いからね。

 

ぱち
そのあとボビはどうなりましたか?

 

じん
遠くはなれたアメリカの心やさしい家族に引きとられたよ。

同じような身の上だった仲間たちとしあわせに暮らしている。

 

 

ボビの写真1

出典:https://www.howlofadog.org/  ⇐アメリカで暮らすボビの動画もあります

 

 

よかったね、ボビ!
ぱち

 

 

動画観るならデータ無制限格安SIM!
楽天モバイル  UQモバイル  DTI SIM

U-NEXT



これもおすすめ!
【この動画、考えさせられる!】子猫たちのママ、戻ってこなかったよ

続きを見る

-じんわり泣けた
-, ,

Copyright© じんわりラボ , 2020 All Rights Reserved.