じんわり考えた

【この動画、考えさせられる!】子グマ、シベリアの雪山必死のクライミング

Bear cub climbs mountain to reunite with mama bear

 

 

【この動画、考えさせられる!】をふり返ってみた

 

 

ぱち
これは、かわいい動画のジャンルですよね?

子グマが必死で雪山のぼる姿、かわいいじゃないですか。

 

じん
いや、問題があるんだ。

最初、ヒグマの子どもが登り切ろうとしたとき、お母さんが手ではらいのけたよね。

 

ぱち
たしかに・・・

あそこは意味不明。

 

ヒグマ

ヒグマは、ホッキョクグマと並びクマ科では最大の体長を誇ります。

オスの成獣で、体長2.5~3.0m、体重は250~500kgに達し、メスは一回り小さく体長1.5~2.5m、体重は100~300kgになります。

ヒグマは、栄養状態によって個体差が顕著に現れるのが特徴です。

生息域は、ヨーロッパからアジアにかけてのユーラシア大陸、北アメリカ大陸とかなり広範囲に分布します。

ヒグマの亜種として、北アメリカのハイイログマ(グリズリー)、アラスカのコディアックヒグマ、北海道のエゾヒグマなどが存在します。

参考:https://ja.wikipedia.org/wiki/ヒグマ

 

じん
あれは、お母さんが意地悪したわけじゃないよ。

撮影で使っていたドローンが、クライマックスのシーンを撮ろとして近づきすぎたんだ。

 

ぱち
お母さん、危険を感じて威嚇したんですね。

子グマを、「離れていなさい!」みたいな感じではらいのけた。

 

じん
この動画は、ロシアのマガダン州にある雪山の山頂付近で撮影されたんだ。

 

 

じん
子グマの、「決してあきらめない」姿が共感をよんで動画は拡散された。

 

ぱち
子グマの根性に、モチベーション上がりますもんね!

 

じん
しかし、アメリカの生態学者がこれに嚙みついてツイッターでつぶやいた。

 

じん
「写真、自撮り、ビデオのために野生動物をいじめることは決して許されない!」

 

じん
この意見に賛同する人が多く出てきて、かなり炎上したんだ。

 

ぱち
このビデオ撮った人は、そんなつもりじゃなかったと思います。

ただ、いいシーンを撮りたかっただけ。

 

じん
でも、それは人間の都合だからね。

動物には危険なものとしか映らない。

 

じん
そもそも、クマの親子があんな危険なルートをたどったのは、ドローンに追いつめられたからだという意見もある。

 

じん
子供が登り切ったあと、いつしょに逃げるように走っていくよね。

あの時、ふり返ってドローンを気にしてる。

 

野生生物へのドローン撮影について

ドローンの飛行音は、実際に聞いてみるとかなりの大きさです。

それを聴いた動物は、個体によっても違いますが、驚いてパニックになる場合もあります。

彼らにとっては、ドローンは未確認飛行物体です。

空を飛ぶ鳥などが天敵の動物の場合には、かなり大きなストレスとダメージを与えます。

また、野生動物の繁殖期等の、ライフサイクルを崩してしまう恐れもあります。

参考:https://www.dailymail.co.uk/news/

 

じん
でも、「正しく使えばドローンは素晴らしい!」という意見も多い。

 

じん
ドローンの映像によって、「野生動物への関心や愛着が高まるし、保全活動への理解も進む」と言う人もいる。

 

じん
たしかに、ここ数年のドローンの普及で、これまでとは違った角度からものが見られるようになったね。

 

ぱち
でも、野生動物に関しては、近づき過ぎず控えめにですね!

 

じん
これはロシアの別のところで保護された赤ちゃん!

 

Adorable Baby Brown Bear Rescued | National Geographic

 

ぬいぐるみが動いてる、、、
ぱち

 

 

 

動画観るならデータ無制限格安SIM!
楽天モバイル  UQモバイル  DTI SIM

 

U-NEXT

 

-じんわり考えた
-,

Copyright© じんわりラボ , 2020 All Rights Reserved.